上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、初柴清です。


先ほどの記事で宣言した通り、既存のシリーズの完結を第1目標として今後記事作成をしていこうと思いましたので、いろいろと過去の記事を漁ろうとしてたわけです。

そしたらふと、思い出したことが。


↓これです。


よしこときよしの信on大決戦研究室
http://www.geocities.jp/yoshikokiyoshi/


まさに過去の遺物。

実はこのサイト、私が争覇の章のころに、当時まだまだ浸透されていなかった大決戦について解説するために作成したものです。

争覇の章、つまり対人徒党で栄誉をむしり取って、前備武将がわいたら即投入、戦意で大名を落とすという時代の遺物。

読んでみると今と全くルールが違うううううううううううううう!

警告しますが、

大決戦初心者はこの記事は読まないでください!
今のルールと全く違うので混乱します!


中級者は話半分に読んでください。「へ~こんなこともあったのかぁ」くらいに。


でも、


大決戦に慣れた上級者は是非見ていただきたい。

勧める理由は一つ。


武将の戦意や相性について具体的に解説したサイトは、これくらいしかないはずです。

当時はコーエーの出していた「争覇の章プレイヤーズバイブル」が、大決戦を学ぶ上での必携の書でしたが、
今となっては廃刊になっているでしょうし。。。


オンライン寄合所は詳しいデータが載っているものの、詳しすぎてちょっととっつきづらいです。


その点、このサイトはだいぶ読みやすくなっています。


情報が古くて使えないところも多々ありますが、「突進力」の仕組みについて解説しているのはおそらくこれだけでしょう。


突進力は、ラストの武将キープの時に知っておきたい知識の一つです。
今の戦法でも十分通用する考え方です。


一通り見直しましたが、

「このサイトを現在の仕様に焼きなおせば、大決戦講座シリーズは完結するんじゃね?」


と、思ってしまいました。^^;


読んでいてわざとぼかしている部分がよく見受けられますが、これは「当時は」最新の大決戦理論を公開することに抵抗があったからだと思います。

多少読みづらいですが、大決戦の動きを工夫するうえでいろんなヒントが隠されていると思いますので、基本的な仕様を把握している人はぜひぜひ読んでみてくださいね。


それにしても、読み返してみて、今の自分とそんなにぶれてないなぁとしみじみ思いました。

下はとある章からの抜粋ですが、



今回はあくまで指揮官としての私が「徒党とはこうあったらいいなぁ」と思って書いたものであり参加者個人の楽しみ方やプレイスタイルを縛るものではありません。

大決戦に来る人は、もちろん国として勝ちたいと思う方もいますが、純粋に武将戦や対人戦を楽しみたい、昇進試験をクリアしたい、油をとりたい、といったように

いろんな方がいます。

ここでは色々「ああしろこうしろ」と書きましたが、あくまで軍隊ではなく“ゲーム”ですから、個人個人が思うまま自由に楽しむのもありだと思います。

いろんな意見があるとは思いますが、私としてはどんな形であれ大決戦に来てくれて楽しんでくれればおk!と思っています。

むしろ興味もって参加して大決戦のこと面白い、また来てみたいと思っていただけたら嬉しいです^^

そしてゆくゆくは、全体の勝ち負けに興味を持っていただけたらな、と思います。



やはり大決戦はその場にいたメンバーが協力し合って一勝をもぎ取る瞬間が一番楽しいです!!


ここで書いたことを強制するわけではありません。

ですが、大決戦や陣取り戦は100人以上のプレイヤーが同時参加できるコンテンツです。

その人たちの力が一つになったとき、小節やテレビも裸足で逃げ出すような人間ドラマが生まれます(いや、冗談抜きにホントですよ!!)。

ですので、ある程度は協力しながら大決戦を楽しむことをオススメします!!

その際のヒントとして、この徒党編を参考にしてくれると嬉しいです^-^





…もうね、このブログで一番言いたかったことを、数年前にこんなところで言ってたわけですよね。


もっと早くこのリンクを引っ張っておくべきだった_| ̄|○


記事を読み進めていくと、当時の自分の考えも今とさほど変わってなくて(でも今と比べるといい意味で謙虚に見えるw)、むしろ今以上に高い理想を持ってプレイしてましたね。




大決戦は指揮官の存在が必要不可欠です。しかし、指揮官一人では何もできません。

常に周りの人に興味を持ち感謝・尊敬し、貪欲に知識を吸収し新しい技術や戦術を追い求める。

そんな指揮官に私はなりたい、と思っています。まだまだ全然及びませんが(’’;




イタタタタ。

これは心が痛いですね。

今の自分はそういう理想像になれているのか、正直疑問ですが(’’;

まぁ、なれるよう、これからも精進ですね。


昔の自分に誇れるよう、これからもがんばってやっていかなきゃな、と思いました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoshi6.blog136.fc2.com/tb.php/98-dda14a89
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。