上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。初柴清です。


今日は仕事で帰りが遅かったので、帰ってすぐ寝ようとしたんですが、
帰りの電車でべるるんリーダーを読んでたらコメントがあったようなので、

( ゚д゚)ハッ!

っと思い、家に帰るなり返信をしてたわけですね。

コメントを下さった方はいわゆる合戦初心者の方で、「このブログを見ているうちに、合戦の基本的なことがなんとなくわかってきました^^」と、

私の涙腺をハードパンチするくらいのうれしいコメントを残してくださいました。・゚・(ノ∀`)・゚・。
まことに、誠にありがとうございます。m(__)m


しかし同時に、ふとした不安が。


「そんなためになるようなことって書いてたっけ?(’’」


特に最近の記事は脳内妄想垂れ流し状態だったので、あれ?これやばいんじゃね?と焦り始めちゃったんです。

間違ったことは書いてないという自負はありますが、それが正しく伝わっているかはまた別の問題。

そう考えると不安になっちゃいまして。

過去の自分が書いた記事を一部読み返してたんですが。。。


なんなの、これ…


…全然別の人が書いてるみたいだな、というのが印象です。

初期こそめちゃくちゃ硬派な書き口ですが、「合戦日記」カテゴリの記事がまぁすごい。


顔文字使いーの、AA使いーの!

そしてめっちゃ前向きwwwwwwww


振り返って最近の記事を見てみると、ほんとびっくりするくらい暗い。

私生活でいろいろあったのもありますが、やっぱそれだけ合戦について明るい話題がないってことなんでしょうかね。(´・ω・`)

と、いうわけで、今回の記事は当時のテンションに近づけるべく、明るめに書いております!!(当社比135%)


自分が書いた記事のなかでも面白いのは、「合戦日記」のカテゴリ。


特に、天下分け目の戦い直前の記事がやっぱ面白いですね。


当時自分が悩んだこととか、持っていた熱い気持ちとか、周囲の人たちとのかかわりとか、とても大事なものを思い起こさせてくれました。


天下分け目の直前の戦いは、合戦場でももちろんドラマティックでしたが、合戦の「外」で実際にあった「静かな攻防」が非常に緊迫感があってよかったですね。

日頃何気なくやっている合戦でも、水面下ではこういう戦いが起こっているのです(今もやっているかはわかりませんが…)。

小説ではなくて実際にあった出来事。それに確か、これは天下分け目前に書いた記事なので、当時の高揚感というか臨場感が記事に漂っていますね。読み物としてもまぁおもしろい?のかもしれません。

まぁ冷静に読み返してみると厨二病みたいなことが書いてあって恥ずかしいですが、(’’;

これもまた、いい思い出なのでしょう。


あと読み返して思ったのは、一年以上前からすでに「合戦戦略」というのを意識して合戦に臨んでたんだなと感心しました。

前回、合戦場のルール説明記事を4時間かけて必死に書きましたが、「合戦戦略」の重要性を説明するのであれば、この記事を引っ張ってくるだけで十分でしたね。ちょっと切ない(涙)。

当時は合戦に臨む前に入念な下準備をしていたことがよくわかります。
やはり強い国、というか合戦が楽しい国にするには、日頃の準備が欠かせないんですね。

他の方はわかりませんが、当時評定衆(運営)をしていた私はこんなことを考えながら合戦をやってました。

運営の立場での合戦記事ってあまり見かけないので、これはこれで貴重かもしれませんね。




まぁグダグダと長話をしてしまいましたが、

昔のブログを読み返して、もうちょっと前向きな自分になろうと思いました。

あと合戦のライブ感がある記事ってなかなか面白いなぁと思ったので、今後は合戦日記を復活させる方向を検討しています。

もともと合戦の技術や醍醐味を伝えたいと思って始めたブログ。

原点回帰をして、もうちょっとまともに読めるコンテンツになるよう精進したいと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoshi6.blog136.fc2.com/tb.php/95-832cbefe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。