上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.07.30 莫の宝玉
こんにちは、初柴清です。

突然ですが、皆さんは部屋の掃除・整理は得意ですか?

私はかなり苦手です。

典型的な整理のできない人です。

とはいえ、散らかってきたら整理しなければならないですよね。

実は、部屋自体は整理ができているのですが、信onの倉庫がパンク状態なので、今朝大英断(?)をして
整理をしました。

出るわ出るわ・・・

謎の武将ドロップ品

大量の神秘石・腕貫・指輪

神秘石等は解体具で思いっきり削除。

いやあすっきりしました^-^

順調に進んだ整理&掃除ですが、どうしても捨てられないモノって出てきますよね。

きよしの倉庫に眠っていた「莫の宝玉」がまさにそれで、破天時代からずっととってあるものです。

なんでそんなものを?とみなさん思うでしょうが、これは思い出の詰まった一品なのです。




まだ群雄鯖だった頃。破天の章の後期ぐらいでしょうか。

当時まだ駆け出しだった私は、キャラも今のように7キャラではなくきよし1キャラしかいませんでした。

当時はきよししかいなかったので、今みたいにその日の気分次第でキャラを動かすのではなく、
きよしの育成に夢中でした。

あるとき、昇進試験が発生しました。合戦場でまげを20個集めて来いというやつです。

当時は知行による金策が主流で、知行を成長させるにはどうしても中老・家老になる必要があり、
合戦場に行かなければこの先生き残れないという考えが私の中にありました。

当時は上杉本国で合戦はなく、同盟国であった徳川家が今川家との百年戦争を行っていたまっただ中で
あったため、昇進試験をパスするべく合戦のたびに越後から遠江までマラソンしていったものです。
(当時は今のように評定衆補佐から合戦場に飛ぶのではなく、寄合長から軍旗をもらって国境の関所まで
行く必要がありました。強行の貸出とか、よくやったなぁ)

私にとってはこの徳川家の援軍が合戦デビューで、右も左もわからない中毎日夢中で合戦場をかけずり回った
ものです。

最初はまげが目的だったんですが、もともとの負けず嫌いの性格からか合戦の勝負にもこだわるようになり、
援軍にもかかわらず徒党の囮とかよくやったもんです。

当時は成仏してしまうとまた本拠地からマラソンになるため、援軍はあまり囮をやる習慣はありませんでした。

また、最近こそ変わってきましたが、当時の上杉軍は人口の割に援軍が少ないという定評があり(涙)、
合戦場での上杉紋はそんなに多くありませんでした。

ですから、合戦場を駆け巡る私がよっぽど珍しかったんでしょうね。

ある囮に参加した時、当時の徳川家の主力徒党の党首の方から、「よく囮頑張ってるから」と直接対話を
いただき、もらったのがかの「莫の宝玉」だったわけです。

当時ほぼ初心者だった私は「宝玉」という名前だから貴重なものだろうと勘違いをし、感激して
受け取ったのを今でもよく覚えています。

破天ダンジョンでよくドロップするものだと知ったのは後のことですが、それでも徳川家援軍時代の
大切な思い出の品として、ずっと保管しようと当時は思いました。




あれから3年経ちましたでしょうか。

倉庫の整理で久しぶりに見た莫の宝玉。

ルーキー時代のことが思い出されて、懐かしい気分になりました。

あの時の主力党首の方は今は引退されててもういません。

徳川家とも現在疎遠になってしまっていて、私としてはさびしい限りです。

とはいえ、その時の思い出は、こうした形で今もなお生き続けています。

あの時莫の宝玉をくれた党首さんのように、自分は今の初心者に何か残せているのだろうか。

そう思うとうーん…と考えさせられるところはありますね。

今の合戦場でも夢中でかけずり回っている初心者さんを見かけることがあります。

もし機会があったら…自分もあの主力徒党の方のように何かしよう。

そう思ったきよしでした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoshi6.blog136.fc2.com/tb.php/31-ab7e1628
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。