上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回から防衛について書いていこうと思います。

防衛は、恩賞奉行の検分の導入によって行う人が減っていますが、それでも重要な役割であることには
変わりありません。

なにしろ敵の攻撃を防ぐわけですから、戦果を離したいときには必須です。

防衛のやり方としては、兵種コマンド(馬で轢く、鉄砲や弓で狙撃する)をするやり方と、
敵を叩いて止めるやり方の2種類がありますが、
このシリーズでは最も基本的なやり方の、敵を叩いて止める方法を中心に解説していきます。

まずは防衛をやるときのコツについて書いていきます。

その一、ターゲット種類を「対人戦」にする
これは敵をタゲりやすくするためです。

その二、相手の見えないところで待ち構える
防衛初心者がやりがちな事として、陣の真ん前で敵を待ち構えることがあげられます。
コンバであればその位置取りのほうが防げますが、武将徒党相手では囮に叩かれてしまいますし、
そもそも徒党の偵察に見つかって、その陣に徒党が来なくなることもあります。

【解説:囮】
武将徒党の前を走って防衛Pをたたく、もしくはNPCにわざと絡まれる(Nを釣る、という)ことで、
武将徒党をとりつかせやすくする役割を担うプレイヤーのこと。露(払い)と呼ばれることもある。

なので、防衛は基本的に敵に見つからないように物陰に隠れます。

その三、ラグを計算してたたく
実際に敵を叩いてみると、止められずに素通りされることがよくあります。
これは見た目の位置と実際の位置にラグがあって、スカしたことが原因です。
下の図を見てください。
ラグ
このように、画面に映っている見た目のキャラの位置と実際のキャラの位置にはラグがあることがわかります。
なので、敵を止めるには見た目の位置よりも手前でたたくようにしないと敵は止まりません。
敵を止める上ではこの『距離感』をつかむことが大事です。

この距離感を体験する方法として、移動しているキャラに与生気や修理を行うという方法があります。
やってみると、真横ですれ違った程度では「遠くてできない」というメッセージがでてしまい、意外と
遠い位置でやってみないと成功しないことが分かると思います。

このように、敵を叩くうえではラグを考慮してある程度遠い位置でたたくことになります。
下の図は、横から叩く例です。
徒党の止め方
敵徒党に対して進行方向を抑えるように正面にまずは移動し、その後敵のほうに向くようにして叩きます。
敵の方向に向けて叩く間をおくことで、ラグに対応します。

このようにして、ある程度ラグを計算してたたくようにしましょう。

その四、敵徒党の襲撃先・襲撃ルートを予測して待ち構えよう
ただなんとなく敵徒党を待っていても敵徒党はなかなか来ません。
色々な情報や状況から、敵徒党の襲撃先や襲撃ルートを予測しておくことが大事です。
敵徒党の行動を予測する上でヒントになる情報は以下の通りです。

・陣の重要度
→陣取り戦の場合、ここをとっておくと有利になる陣、とられると不利になる陣というのがあります。
 そういう陣は敵の襲撃を受けやすいです。
・党首の行動傾向
→敵徒党の党首はもちろん人間です。したがって、性格や行動傾向があります。
 例えば奪還が沸いたら即奪還にいく党首とか。
 後陣を執拗に狙う党首とか。
 一つの陣に集中する党首とか。
 逆に行く陣がバラバラの党首とか。
 このような行動傾向があるので、それを踏まえたうえで守る陣を決めます。
・偵察からの情報
→たまに合戦私設で「○○(陣の名前)に徒党がいます。」といった情報が流れます。
 その場所を参考にすることで、襲撃先を予測することができます。
・自分のカン
→長いこと防衛をやっていると、感覚的に「ここに来る」といった予測ができるようになります。
 自分の勘を頼りにヤマを張るのも、防衛の醍醐味の一つです。

その五、霊視を常にかけておこう
敵は大体馬で来ますが、中には徒歩で消えてくる敵もいます。
したがって、防衛をするときは霊視技能(霊視、真実の唄等)をかけておくようにしてください。
霊視技能がないキャラはアイテムの目薬か、陰陽師が生産できる霊石を使用することで霊視状態になれるので、
あらかじめ入手しておきましょう。

その六、NPCに叱咤をかけておこう
侍の技能「叱咤激励」と薬師の技能「興奮薬処方(興奮薬というアイテムを消費)をNPCに対して使用すると、
NPCに叱咤状態のアイコンをつけることができます。
この状態になるとNPCの反応感度が上がるため、敵がNPCに絡まりやすくなります。
なので、味方陣のNPCには常に叱咤をかけておくことが重要です。
叱咤が使えない職の場合は、合戦私設で叱咤をかけるように依頼しましょう。




【まとめ】
防衛は釣りに似ています。
敵が来そうな所に釣り糸を垂れひたすら待ち、敵が来たら一気に釣りあげます。
この釣りあげたときの感覚が、たまらなく快感なので一人でも多くの人に感じてほしいですね^-^

武将戦や対人戦と異なり、防衛は装備や戦闘スキルとほとんど関係がないので初心者でも
参加しやすいのがメリットです。
単純ですが実際にやってみると防衛は奥深いです。
やったことがない方がいたら、ぜひやってみましょう!

さて次回は、実際の例を通して防衛のノウハウについて書いてみたいと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoshi6.blog136.fc2.com/tb.php/25-fc94524d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。