上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(3)後夜祭報酬がもたらすかもしれない合戦の変化

今回の東西戦では、プレイヤー全員で稼いだ戦果に応じて後夜祭といわれるボーナス期間の報酬が決まるシステムになっています。
例えば、6月23日の午前中現在で、1戦の覚醒ポイントが5750入るようになっているということなので、東西戦参加の強いモチベーションづくりに貢献しています。

(2)でふれたとおり、コーエーは「みんなで協力する」ことを裏のメッセージとして発信している節がありますので、こういった形で参加した人の協力によって、
全員が利益を得られるというのはそのコンセプトに合致したシステムだと思います。


ふと思うのですが、これって通常の合戦でも取り入れられる要素なのでしょうか。

たとえば、その週の合戦で稼いだ総合戦果に応じて、今回のように検分以外で経験値・覚醒にボーナスがその勢力に所属するプレイヤーにつくとしたら。

私としては不本意な面もありますが、現在の合戦は「恩賞奉行の検分」のように実利主義的な面がだいぶ前面に出ていますので、そういう要素はありじゃないでしょうか。


今回ブログを書いていてふと気づいたことがあります。

今の検分制度は稼いだ検分の報酬が個人還元になるから問題になるのであって、集団還元になる要素があればまた違ってくるのではないかということです。


一門会話で話していて、後夜祭の報酬について結構気にしている人が多いことに気づきました。
さすがに戦果を意識して参戦しているようではないのですが、頭の片隅にはそういう発想があるんじゃないかなと思っています。

合戦で頑張った報酬が個人還元でなく集団還元になれば、合戦好きと合戦報酬でキャラを成長させたい人の間の溝が埋まる可能性があります。


たとえば、今回一致団結戦で導入された戦果方式。

私は「これいいなぁ~」と思っているんです。

通常の合戦だと戦果は積み上げ加算方式。
たくさん武将を倒す(相手が陣を奪還する前提ですが…)、たくさんNPCを倒す、たくさん兵站をやることで戦果を加算し、ざっくりした言い方ですと総合戦果が多い方が勝ちになります。

しかし今回の一致団結戦は、持ち点加減算方式といいましょうか。
要は麻雀と同じで、プレイヤー全体が持っている戦果が定量で、陣の増減によって味方の持つ戦果が増えたり減ったりする方式になっています。

これがいいなーと思った理由は、

・N狩りで戦果が増えない→今まで問題だった牧場・奪還規制問題が解消される
戦果を見ればどっちの勢力が優勢なのか一目瞭然。今まではN狩りや兵站の加算があったためどっちが優勢なのかわかりづらかった。

そして一番興味深い理由は、
・今まで見えづらかった防衛による戦果が見える化できる
ことです。

持ち点加減算方式だと陣を守ること=味方の獲得戦果を守ることになるので、
防衛や武将徒党の解体、NPCへの叱咤激励が勝利に直結します。

こうした防衛面での努力はいままで「見えない戦果」として一部の合戦好きからは認知されていたものの、
一般の合戦参加者から見るとどの程度合戦の情勢に貢献しているのかわかりづらくあまり人気がありませんでした。
敵に戦果を与えず自分たちの戦果を守る、という役割が付与されることによって、防衛にもやりがいが起きるようになると思うのです。


この防衛に関して、持ち点加減算方式を集団還元の報酬制度に絡めるとどうなるか。

防衛や叱咤激励はいままで検分制度に反映されず、反映を望む声が一部から上がっていました。
防衛をすることで自軍の戦果を守るのですから、集団還元の報酬制度になると自分たちの防衛で頑張った分が集団の報酬に反映されることになり、
防衛の重要性ががぜん高まってきます。


また、陣を奪還するのも自分たちの戦果ゲットにつながりますから、
武将をやりたい人たちや検分報酬でキャラを成長させたい人たちにもそれなりに「うまみ」があります。

今まで敵に戦果をあげる行為として合戦好きからは忌避されていた奪還行為も、持ち点加減算方式導入により、むしろ早く奪還しようという動きになります。

集団還元の報酬制度ということでそれぞれの層の人たちの思惑が一致するということです。
今まで合戦にあった一体感というものが復活する可能性があります。


…もっとも、持ち点加減算方式を導入した一致団結戦はいろいろとごたごたがあってうまく機能しませんでした。
しかしそれは他の要因もありますし、運営がしっかりした国であればうまく回していけるんじゃないかと思います。


こうして、集団還元の報酬制度+戦果の持ち点加減算方式を行うことで、合戦の戦い方が変わってきます。
今回コーエーがどういう意図をもってこれらの制度を導入したのかは謎ですが、
私的にはなかなかいいんじゃないかと思います。


さてみなさんはこの方式、どう考えますでしょうか…?(続く)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoshi6.blog136.fc2.com/tb.php/207-e3083efa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。