上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日から揚北奪還戦。

上司からはよ帰れ命令が出たのでぶらっと合戦行ってみるかと合戦場にインしたら、
ほとんど味方陣だった。

なんとなくゲリラに混ざる気も防衛する気も兵站する気も起きなかった。

前回の合戦で武将徒党を組んだのはいいが一回も取り付けなかったのがずっと気になってたので、
せっかくの機会だからと自陣を使って取り付き練習を始めた。

取り付き練習といっても、取り付きのルートをチェックしたり、自陣を仮に敵陣だとみなしてとりつきルートを走って
自武将を叩いたり、いつもと違う取り付きルートがないかを探したりという、非常に地味な作業の繰り返しである。

こうやってなまった腕を微調整していくわけだが、周りは味方が敵陣に向かって一目散に走っているし、
合戦私設ではひっきりなしに会話が飛び交っているしで、
やっているうちに無常感というかむなしさというか寂寞の思いというか、

要するに一人でやっててさびしくなりました(号泣)

このやんぬる気持ちをどう消化しようかと悩んだが、結局私設で一緒に練習する人を募集することに。
やはり徒党での取り付き練習なら徒党を組んだ方がいろいろわかるので、他にやりたい人と組んで交互に
取り付き練習ができればいいなと思った。

とはいえ合戦中。

練習よりも血を求めて駆けずり回っているファイターが多く、私の発言は私設会話の膨大な流れに埋もれつつあった。

もうちょっと一人で練習しようか。あきらめようと思った時、

「私も参加したいです^^」

と返答があった。


こりゃラッキーとおもい、早速その方と徒党を組んでみる。

話を聞くと、ゲリラに1回も成功したことがないので練習をしたいとのことらしい。

私としては徒党練習をしたかったけど、ゲリラの取り付き精度ももっと上げたいと思ってはいたので、
自分の復習も兼ねてゲリラについて最低限知っておきたいことを伝えようと思った。

しかし、ここで思わぬ壁が。

話を進めていて気付いた、いや、驚いたのだが、その方オートランを知らなかった。
一瞬「え?」と思ったが、すぐに思い直した。

何年も信onをやってる方には常識だが、ひょっとしたら最近始めた方には知らない人も結構多いんじゃないかと、
そんな気になったのだ。

思い返せば私も、ゲームパッドの存在を知らず3ヶ月くらいマウスで操作しててゲリラうまくいかないなーと
悩んでいる時期があった。
(それでも、群雄上杉にはマウス操作で武将取り付きをする党首がいたらしいが…)

おそらく皆さんも思い返せば心当たりがあると思うのだが、このゲーム、操作方法についての解説はあまりない。

グーグル先生等で探せば出てくるのだが、公式HPを探そうとしてもなかなか見つからない。
おそらくパッケージ版を買えば操作マニュアルがついてくると思うのだが、公式ページからDLで購入した人は、
下手したら操作法を見ずにゲームを始めることもあるんじゃなかろうか。

その方も、「そんなこと全然教えてもらわなかった!」と驚いていた。
そりゃそうだ。こんなことを教えるプレイヤーなんて、最近はそんなに多くないだろう。


でも、おそらくこういうところが初心者支援活動の「落とし穴」なんだと思う。


何年もこのゲームをやっているプレイヤーからすれば当然のことでも、
他の人から見たら(しかもそれは少なくない人数かもしれない)全く知らないことなんて
やっぱありえるのだ。

初心者支援とか新規プレイヤー支援、もしくは合戦呼び込みという動きが再び活発になってきているが、
それはベテランプレイヤーの目線になってはいないだろうか。
初心者プレイヤーの目線とは何なのだろうか。
ベテランプレイヤーと初心者プレイヤー。両者が見ている方向は同じなのだろうか。

私自身もこの半年初心者支援というものに力を入れてきたが、その方向性は本当に合っていたのだろうか。
井の中の蛙。単なる自己満足。お山の大将。いろんな言葉が頭の中を駆け巡った。

その方とは1時間半近く、ゲリラやその他いろんなことを伝えた。
最後まで丁寧なお礼の言葉をかけて頂き恐縮するしかなかった。お礼を言いたいのはこちらの方だ。

初心者支援というものの、深層を見た気がした。
【追記】

改めて見直しましたがほんとにひどい記事で消そうかとも思いました。

全体を通して流れるやさぐれ感は、仕事がうまく進んでいないことによる反動です。
決してゲーム内で何かあった、というわけではございません。

今日ご一緒した方のことを思うと、このような文章表現でいいのかと非常に悩みました。
しかし、私とあの方の間で、ああいう見えない壁があったという事は、素直に驚きであり新たな視点を
もたらしてくれるものでした。

ちょっと考えを巡らせれば気づく事なのですが、長らくプレーしていると見落としてしまうんですね。
(私だけかもしれませんが…)

正直、初心者支援というものについて改めて考えさせられました。
どんなにこちらが伝えたいことがあっても、相手のことがわからなきゃ何も伝わらない。

当たり前のことだけど、私はそれができていなかった。

じゃあどうすればいいのか、と考えを進めていくと、
当ブログの方針も転換せざるをえなくなります。

元々迷走しているブログですが、さらに磨きがかかるということです(苦笑)。
ひょっとしたら大幅にリニューアルすることになるかもしれません。

いままで私は合戦というものを中心にこのゲームを見て来ました。
もちろんそれはそれでいいのですが、知らず知らずのうちにもっと根本的なものを見落としていた気がします。

そして、そういう見落としは、他の方にもあるんじゃないかと。

こう、閉塞感漂う合戦•国勢は、それが原因なんじゃないか。

そういうところまで思いを巡らせています。


まだ全然まとまっていないのですが、何か形になるようならまた記事を書きたいと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoshi6.blog136.fc2.com/tb.php/183-d5c4861e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。