上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週の与板合戦。

私はほんのちょっとしか参加できませんでしたが、上杉家は無事勝利。

まずは上杉家の皆様、おめでとうございますm(__)m
また、援軍で参加していただいた本願寺・伊賀忍両家の皆様、今回は多大な支援をいただきありがとうございました。m(__)m

少ししか参加できなくて「何言ってんだおめえ」と突っ込みたくなるかもしれませんが、
ちょっと語らせてください。

あれは2カ月ちょっと前。年末から年始にかけた上杉家会議の席上。
色々ごたごたはありましたが(その原因は少なからず私にありますが…)なんとか(?)上杉家が一つになった
あの1週間。

春日山陥落寸前の状態で深夜2時まで及んだ会議の後、朝の6時まで及んだ(!)フリートークの中で、
私はこんなことを言いました。

「今の状況を巻き返したい。」
「せめて織田に土をつけたい。」


こういうことを熱く語ったのですが、聞いている方たちの反応は、
「そんなことできるはずがない」
というような冷ややかな反応だったことをよく覚えています。

あれから約2カ月強。

上杉家は、織田家に勝ちました。(相手方は援軍が1国すくなかったですが…)

正直私も驚いています。
計画だててすすめていけばいつかは勝てるという確信はありましたが、まさか3カ月もしないうちに
私の言っていたことが実現するとは。

今回、事が成就したのはやはり上杉の皆さんの「ちから」じゃないかと私は思います。

合戦の参戦の呼びかけや指揮を最前線で行っていた紺碧鯖の「tさん」を筆頭として、
経験豊富な各鯖の古参の方や、
やる気満々の中堅どころの方、
信on始めたばかりで必死に食らいついていこうとする初心者の方
何かと場を盛り上げてくれた初心者支援私設「かすがやま」の有志一同。
日頃は一般ピープルでも不慣れなのに必死で旗を振ってくれた方。
みんなが南筒を壊しているさなか北筒を見張って冷静に情報を流してくれたイケメン。
毎度盾1なのに折れずに武将を倒して帰ってくる某軍学等など不屈の闘志でゲリラに参加した方々
淡々と武将を倒して戦果を稼いでくる武将徒党の方々
体を張って対人を挑んでくれた対人徒党の方々
合戦場に常に目を配り、大砲の弾数や人数を流してくれた方
叱咤激励、転生要請に、東奔西走で走り回ってくれた方
N狩り徒党をつくって、叩かれてもN狩りをすすめてくれた方
野良で武将徒党を作り、一人でも多くの人に武将戦をやってもらおうとチャレンジしてくれた方
毎度囮要請の度に囮をしてくださった方
みんながN狩り武将に夢中になってるさなか、体を張って徒党を止めてた防衛職人
こつこつと兵站を行ってくれた方々
合戦場で薬・馬・食糧など物資を配布してくださった方

…あげればまだまだきりがないと思いますが、
こうした各人の「ちから」が積み重なって得られた貴重な一勝であることは間違いありません。

今回は織田家に勝つことができましたが、上杉家はまだまだ発展途上。
確かに合戦には勝ちましたが、上杉家や同盟国を取り巻く現状は未だに厳しいです。

しかし、「念ずれば花開く」。

今回の一戦で皆さんはそれを証明しました。
誰もが不可能だと思われたことを、成し遂げられたのです。

私も一緒に戦っていたいですが、忙しいためなかなかインできないのが歯がゆいです。
時間は思うようにとれませんが、私なりのやり方で、今の上杉家にかかわっていきたいと思います。

今後も上杉家の皆様の、そして同盟国の皆様のご健闘をお祈りしつつ、今日のところは筆をおきたいと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoshi6.blog136.fc2.com/tb.php/157-a05c56b1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。