上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
N狩りをやってなんとなく感覚をつかんだら、武将をやってみましょう。

一番手軽に武将をできるのは、コンバです。

コンバは国によっていろいろな言い方があり、ほかにもゲリラ、ソロQと呼ばれたりもします。
一番メジャーなのは「ゲリラ」ですが、紺碧上杉家では「コンバ」をよく使うので、ここでの説明も
コンバに統一します。

コンバは救援狩りの一種みたいなもので、敵武将めがけてダッシュ、ソロで取り付いて救援を呼び
7人そろえて武将を倒すやり方です。

では、コンバに参加するときのお約束を

その一、基点は防御術極意を持ったキャラでやろう

武将は先陣武将<中陣武将<後陣武将<四天王・軍師<大名の順に強いですが、
一番弱い先陣武将でも攻撃はなかなか痛いです。
コンバに慣れないうちは基点はしないほうがいいでしょう。
もしどうしてもやりたい場合は、防御術極意を持ったキャラでとりついて、
開幕速攻で防御したほうがいいです。これは起点の基本的な動きになります。

その二、基点になったら画面が暗転しているうちに救援を出そう
実は、戦闘が始まって画面が真っ暗で暗転している時でも救援は出せます。
救援は早いに越したことはないので、画面が暗転したらL1ボタンを連打してメニューを開き、
すぐに救援を出しましょう。

その三、基点できないキャラで武将に絡まれてしまったら、とりあえず救援を出そう
コンバでは基点向きでないキャラが結果的に基点になってしまうことはよくあります。
もし基点になってしまったら、とりあえず救援は出しましょう。
そのあとは、防御したり治身仙を飲んだりして、死なないように頑張りましょう。
基点は死なないことがコンバで一番求められることなので、無理な動きはしないように。

これだけ守れば、後は通常戦闘と同じです。武将戦を楽しんでくださいw

なかなかコンバにつけない…
実際にやってみると、なかなか戦闘に入れず、難しいなと感じると思います。
そもそも7枠を10人以上(多いときは20人以上!!)で競うので、
叩いてもすでに埋まっていたということは多々あります。
連射パッドを使うと戦闘に入れる確率が上がるようですが、私は昔から手動主義なのでやった事ありません^^;

戦闘に入れるか入れないかは運しだいなところがあるので、やっているうちに入れるようになりますが、
中にはNに絡まれたりして入れないと悩む人も結構います。
もしそういうことで悩んでいるようなら、次のことを試してみてください。

その一、うまい人の後ろにぴったりついていく
これが一番いい方法ですね(笑)。名付けてスリップストリーム作戦。
合戦に慣れてくると、コンバでよく戦闘に入る「常連」がいることに気づくと思います。
その人を見つけて、その人が通ったルートをそのまま追いかけてみてください。
とりつきの角度とかとても勉強になりますが、そういう人の通るルートって大体
Nに絡まれにくいルートなんですよね。
そういうところからルートの勉強をしていくといいです。

その二、陣内に入ったら動かない
Nは動いているプレイヤーに反応しやすい傾向があります。
敵陣に入っていつでも武将を叩ける準備をしたら、動かずにじっと待ちましょう。

その三、わざと3番手くらいに走る
当然ですが、前のほうを走っているとそれだけNに絡まれやすくなります。
少し間をおいて、3~4番手くらいの位置で走ると絡まれる確率が低くなります。

その四、味方陣で取り付き練習をしてみる
これは私が初心者のころにやってた練習方法です。
味方陣ではNに絡まれることなく取り付きの練習ができます。
ある程度コンバを経験してみたらイメージ作りということで練習してみるとよいでしょう。
2012年11月18日追記

1.コンバ、ゲリラ等の呼び方について
現在最も主流な呼び方はゲリラです。
これはサーバー統合の際、呼び方で混乱が生じ、一番共通した呼び方のゲリラが全国的に広がったためです。

とはいえ、いまだにコンバやソロQといった呼び方も残っているかもしれません。


2.開幕の動きについて
記事では防御術極意を実装して防御という方法を推していますが、技能強化があった影響で防御術極意に頼らない開幕の動きができるようになってきました。

例を挙げますと、

・盾鍛冶なら極み系技能(青▲がlv2になったので、開幕▲が飛ばされて旗折れすることがなくなった)

・武士は金城鉄壁(開幕から滅却つき)、軍学は衛護の布石(開幕から物理耐性上昇つき)があるので耐えられる。ただ、金城鉄壁は滅却と同様に3回の攻撃で割れるし、衛護の布石は時間がたつと消滅するのであまりあてにならない。また、術に対してはどちらも耐性がないため、状況を見て防御術極意を併用するのがベター

・召喚は開幕に護式府をだすとそこそこ耐えられる。ただし術と間接攻撃への耐性はないため、過信は禁物。


このように特化によっては防御術極意に頼らなくても開幕はしのげます。防御をしている間は何も動けないので、救援が即入ってくる状況であれば防御はせずにkpなり極みなりするといいと思います。

逆に救援がなかなか入ってこない状況が想定できるのであれば、いざという時のために防御術極意を入れておくとよりいいと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoshi6.blog136.fc2.com/tb.php/15-11f07126
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。