上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気が向いたので国の運営について書いてみようと思います。

真面目に書こうとすると恐ろしい量の復習と追加勉強をしなければならず、
そんなことができる時間も、気力も、根性も、今の私にはないので適当に書きます。

一応連番は振ったので気が乗ればシリーズ化するかもしれません。
そのまま打ち切りになるかもしれません。
まぁ、真剣に書こうと思ったら時間がいくらあっても足りないので、
書ける範囲、思いついた範囲でちまちま書こうと思います。


【運営とは】
運営とは、国勢に関することをとりまとめ、実行に移す人たちのことだと私は思います。

いきなり「は?」ですよね。
まずは「国勢」について解説します。


【国勢とは?】
定義は100人いれば100人とも違うことを言うと思います。

私が考えるに、国勢の要素は2つしかありません。「外交」と「軍事」です。
(ほんとはこれに加えて「領土開発」というのがあります。国の順位を決める天下人ポイントにかかわる
 重要な要素ですが、一般の人にはなじみがなく、国勢の話でもコアな内容になってしまうので今回は割愛します。)

したがって国勢とは、

「同盟を結んだり解消したり、他国に攻めるか静観するという外交活動の動き」

と私は定義づけます。

概念自体はこのようにシンプルですが、実際の行動は複雑なので、国勢はあまりなじみがないですね。。。


ここで冒頭に書いた運営の定義に戻ります。

運営とは、

「同盟の締結・解消や他国への侵攻・静観を行うための取りまとめをし、実行に移す人たち」

と、なります。
だいぶわかりやすくなりましたね。


【献策システムについて】
では国勢を実行するとはどういうことなのか。

それは「献策を行うこと」です。

(詳しくはオンライン寄合所を参照してください。)

本来は、プレイヤー(側衆筆頭もしくは評定衆)が思いのまま献策をあげて、国の人がこれぞと思う案を
自由意思で投票し外交に反映させるようなものだと思います。

ただ、そういうやり方は国としての一貫した方針にはならないですし、外交や合戦を仕掛けるタイミングもあわせられないため、
国の情勢がどうしても不安定になってしまいます。

もし情勢を安定したものにしたければ、献策の内容をある程度統制されたものにする必要があります。
そうするには、バラバラな個人の意思をまとめ上げ、方向性を整える仕組みが必要ですが、

その仕組みこそ、「運営」なのです。

カリスマ溢れるワンマンリーダーや勢力のアイドル、淡々と会議を進行させる司会、権謀術数巧みな野心家…。

「運営」をやる人にはいろいろ個性がありますが、どのタイプも共通しているのは、
自国の外交・軍事活動を安定させる役割を担っているということです。


【運営のお仕事】
運営は国の外交・軍事活動を安定させるべく、日々お仕事に取り組んでいます。。
具体的には、

・国の方針を決定する「会議」の運営(司会や告知役等)
・自国の外交を展開するための「外交活動」(同盟国間の会議の参加、他国への使者、交渉活動等)
・「献策」の実行もしくは実行支援
・国内外を問わずの「告知」活動(会議招集、合戦参加依頼、イベント告知等)

を行っています。

割とあっさり書きましたが、どれも時間や手間がかかる作業です。
運営の人は日々、私生活やゲームプレイ中の時間の合間を縫って、こういう活動を行っています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。