上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
zundoko_bushi6

まぁ仏門密教僧兵神通召喚を作れやボケェというツッコミはなしで。。。 #nobuon
02-25 01:56

一応修験と医術を想定して書きましたが、修羅神通や陰陽道でも応用できます。丹攻撃の最大のメリットは気合消費なしでダメージを与えられる点にあります。是非一度お試しください #nobuon
02-25 01:48

この超攻撃型修験のメリットは、攻撃技能のない回復職であっても攻撃参加が可能なことと、連戦が容易なことです。デメリットはそこまで火力が高くないことと、丹代でお金がかかることです。とはいえ消費気合0で攻撃できるため、ガス欠しがちな旗本狩りではなかなか有効です。 #nobuon
02-25 01:44

実装は通常の回復技能の他に裏鬼門、蛇紋孔、硝薬散布といった攻撃補助技能を入れます。あと大事なのが再生・参と練気の法(?)弐。この二つを入れておくと死にづらくなるし気合も回復しやすくなるので連戦が可能になります。また、威力を少しでも上げるために倶舎の法も入れます #nobuon
02-25 01:41

あとは薬効激化・弐を使って丹を投げるだけ。大体2000程度、最高値で2400程度のダメージがでます。薬効激化を使わなくても1000くらいのダメージは出るので、アタッカーの食い散らかしを始末するのに十分な性能です。 #nobuon
02-25 01:35

<超攻撃型修験の作り方>①潜在の修羅を全ぶり②属性装備を揃える。属性神秘石2箇所と御恩装備で十分です。③劇薬丹を買い占める。概ね100個以上か?最上位の劇薬丹が理想だが、普通の丹でもさほど変わらない。④技能の薬効激化・弐を実装。 #nobuon
02-25 01:32

あと今回は、今までやりたくてなかなか機会がなかった、超攻撃型修験をついにやってみました。時間はかかりますがソロで前備の赤Nも撃破できます。
02-25 01:26

武田家のベテランの方の徒党でした。詳しくは言えませんがぱっと見「こんな構成で大丈夫か?」状態で不安でしたが、いざ戦ってみるとなるほど、よくできた構成だと恐れ入りました。私の理解不足もあり四天王には負けたものの左本は終了間際に撃破。党首さんに色々教わって充実した時間を過ごせました。
02-25 01:24

大決戦に参加。負けてしまったけど、戦術の勉強になったし、武将徒党も誘って頂いて構成や戦い方について学ぶことができた。色々と得るものが大きい一戦だった。
02-25 01:19

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。