上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気が向いたので国の運営について書いてみようと思います。

真面目に書こうとすると恐ろしい量の復習と追加勉強をしなければならず、
そんなことができる時間も、気力も、根性も、今の私にはないので適当に書きます。

一応連番は振ったので気が乗ればシリーズ化するかもしれません。
そのまま打ち切りになるかもしれません。
まぁ、真剣に書こうと思ったら時間がいくらあっても足りないので、
書ける範囲、思いついた範囲でちまちま書こうと思います。


【運営とは】
運営とは、国勢に関することをとりまとめ、実行に移す人たちのことだと私は思います。

いきなり「は?」ですよね。
まずは「国勢」について解説します。


【国勢とは?】
定義は100人いれば100人とも違うことを言うと思います。

私が考えるに、国勢の要素は2つしかありません。「外交」と「軍事」です。
(ほんとはこれに加えて「領土開発」というのがあります。国の順位を決める天下人ポイントにかかわる
 重要な要素ですが、一般の人にはなじみがなく、国勢の話でもコアな内容になってしまうので今回は割愛します。)

したがって国勢とは、

「同盟を結んだり解消したり、他国に攻めるか静観するという外交活動の動き」

と私は定義づけます。

概念自体はこのようにシンプルですが、実際の行動は複雑なので、国勢はあまりなじみがないですね。。。


ここで冒頭に書いた運営の定義に戻ります。

運営とは、

「同盟の締結・解消や他国への侵攻・静観を行うための取りまとめをし、実行に移す人たち」

と、なります。
だいぶわかりやすくなりましたね。


【献策システムについて】
では国勢を実行するとはどういうことなのか。

それは「献策を行うこと」です。

(詳しくはオンライン寄合所を参照してください。)

本来は、プレイヤー(側衆筆頭もしくは評定衆)が思いのまま献策をあげて、国の人がこれぞと思う案を
自由意思で投票し外交に反映させるようなものだと思います。

ただ、そういうやり方は国としての一貫した方針にはならないですし、外交や合戦を仕掛けるタイミングもあわせられないため、
国の情勢がどうしても不安定になってしまいます。

もし情勢を安定したものにしたければ、献策の内容をある程度統制されたものにする必要があります。
そうするには、バラバラな個人の意思をまとめ上げ、方向性を整える仕組みが必要ですが、

その仕組みこそ、「運営」なのです。

カリスマ溢れるワンマンリーダーや勢力のアイドル、淡々と会議を進行させる司会、権謀術数巧みな野心家…。

「運営」をやる人にはいろいろ個性がありますが、どのタイプも共通しているのは、
自国の外交・軍事活動を安定させる役割を担っているということです。


【運営のお仕事】
運営は国の外交・軍事活動を安定させるべく、日々お仕事に取り組んでいます。。
具体的には、

・国の方針を決定する「会議」の運営(司会や告知役等)
・自国の外交を展開するための「外交活動」(同盟国間の会議の参加、他国への使者、交渉活動等)
・「献策」の実行もしくは実行支援
・国内外を問わずの「告知」活動(会議招集、合戦参加依頼、イベント告知等)

を行っています。

割とあっさり書きましたが、どれも時間や手間がかかる作業です。
運営の人は日々、私生活やゲームプレイ中の時間の合間を縫って、こういう活動を行っています。
スポンサーサイト
こんにちは、初柴清です。

2011年もあとわずか。

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

今年は東北大震災を象徴として、いろんな災厄が降り注いだ1年でした。

私個人としても、休職や異動、祖父の永眠など怒濤のごとく変化に富んだ1年でした。

信on的にも今年は大波乱の年で、

まず3月の大震災で議長団の中心メンバーが離脱。

5月に9カ国連合崩壊事件(浅井上杉北条伊賀朝倉が脱退)。

その後武田家連合に攻められ春日山落城一歩手前まで追いつめられる、なんてこともありました(’’;

今思うとよくあの土壇場をひっくりかえせたなとしみじみ思います。

秋以降は活動停止してた方が戻ってきたのもあって盛り返しムードが高まり、

戦力の割に弱いといわれていた大決戦もなんとか鯖トップレベルまで戻ってこれました。


私としては、今までほとんどやったことのなかった「議長団」としての活動が劇的に増えて

いろんな方との接点が増えた1年となりました。

この1年で築けた人脈は、私にとっては宝物になりました。

ゲームの外でもブログやツイッターを通していろんな方と知り合いになれ、

色々大変なことはあったけれども実りの多い1年になったと思います。

ブログで情報を発信し続けたことで、私自身色々な刺激を受けることができましたし

来年はそれを生かしていけたらなと思います。

この1年間で出会えた皆様に感謝を。

そして来年の皆様のご健勝ご発展をお祈りして、

今年最後のブログ記事としてしめさせていただきたいと思います。

皆様1年間お付き合いいただきありがとうございました。

来年もまたよろしくお願いいたします。m(__)m
今私は上杉家の評定衆をやっています。

評定衆というのは要するに議長団のことなのですが、現在上杉家は議長が長らくログインしておらず実質
議長空席のため議長団という名称はあえて使わず、評定衆という名称を私は好んで使っております。

事の発端は前回の上杉会議。

いつものように淡々と議事を進行していくんですが、発言を求めてもだれも発言をせず。

進行役としてはある意味楽なのですが、一切発言がないとなると、それはそれで不安なんですよね。

今の上杉の方向性はこれでいいのか、本当に何も意見がなくて大丈夫なのか、などなど。

本来なら評定衆が「こうやるんだ!」と意思表明してみんなを引っ張っていくのがいいのかもしれませんが、
今の上杉の人が何を望んでいるのか分からずそれもできない状況。

このままではいかんぜよ!(←なぜか坂本龍馬風)

そう思い昨日土曜、上杉座談会と称して雑談コーナーを設けました。

会議だと発言しづらくても、座談会と称した雑談・フリートークならみんな話しやすいんじゃないか。
そういう意図もありました。

実際やってみたら色々と話は出てきました。(それでも話すメンバーは固定ですが…)

私としては国勢や合戦のことを中心に議論したかったんですが、それ以外にも上杉家全体でなにかやりたいとか
イベント系の話もたくさんしました。

私はいわゆる「合戦厨」なので、どうしても合戦のほうに視点が行きがちなんですが、今回いろいろ話してみて
合戦興味ない人も多いんだなって改めて感じさせられました。

それは悪いことではないです。合戦はしょせんこのゲームの1コンテンツにすぎないですから。

ただ上杉家という国(ちょっと大げさな言い方であるけれども)に所属しているのであれば、せっかくだから
国全体で盛り上がったら面白いんじゃね?とは思うわけです。

その中の一つの方法として「合戦」があるのかなぁと。

そして国を盛り上げるのは合戦だけじゃなくて他にも方法があるんじゃないかなぁと。

そして、国が盛り上がれば、合戦ももっと人が来て面白くなるんじゃないかなぁと。
(結局合戦したいだけなのですが、合戦厨の私としてはブレのない意見でこれはこれでいいのかなぁと。。。)

とにかく、国全体で盛り上がって楽しんでいければいいんじゃね?と思うわけです!!!

そこでイベントをやろうという話になったんですが、試しにやってみようとなったのは「対人大会」

結局合戦系のイベントじゃねえか(´Д⊂ヽ

だって、これが話一番盛り上がったんだもん…。しょうがないじゃないか…。

まぁこれをきっかけに市とかダンジョン攻略キャンペーンとかやっていければいいんじゃないかなと。
(ほかにも漫才とか画面の前に座って飲み会とかかわった意見も出ましたw)

まぁ今回の座談会でみんなが日ごろどんなこと考えてるのか聴けたのが最大の収穫ですかね。

参加者も予想以上でしたし、みんな今後の上杉家については興味はあるんだなと自分勝手に解釈しましたw

後は今日話したことを参考にしながら、評定衆を中心に上杉家を動かしていきますかね。

いままで停滞しがちだった上杉家ですが、これをきっかけに少しずつでもいいから動かして行けたらなあと
思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。