上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さきほど大決戦の記事を書きましたが、
じゃあ非アタッカーの人はどう雑魚狩りに参加すればいいの?というところが明確でなかったので
各特化ごとに書きます。

私のやり方がベストというわけではないので、あくまで参考程度に。。。
もちろんこれらの実装や装備じゃないと大決戦に来ちゃダメ!というわけではありません。

ちなみに非アタッカーの定義は、「通常のボス戦もしくは雑魚狩りで攻撃に参加しない職・特化」とさせていただきます。

つまり、威力の高低や攻撃の頻度にかかわらず、密教・神典・殺陣などは今回の対象外です(SOUHEYもね!)


<侍>
・武士道:腕力装備でひたすら殴り。二刀でもいいが雑魚狩りの起点になることを考慮すると一刀か槍か棍棒が無難。
     攻撃技能は4連かガム。余裕があれば連撃や三連撃もあり。
     一刀で実装枠に余裕があれば一刀流極もいい。
     ピンチの時の盾役も求められるので、釣り技能と滅却、また気合切れも考えて鼓舞を入れておく。

・軍学:基本的な考えは武士と同じ。腕力装備でひたすら殴る。味方がピンチの時は釣り。気合のないときは鼓舞。
    四天王・大名に絡まれた時用に、猪突猛進も入れておくといいのかもしれない?

<鍛冶屋>
・鎧鍛冶:腕力装備で(ry。もちろん盾技能も入れておく。
     超ぶちかましでもいいが気合のコストは破鎧撃のほうがいいか?

・刀鍛冶:腕力(ry。通常技能に破刃撃をいれるくらいか。

鍛冶は自動修理ができるので、雑魚狩りでは喜ばれます。

<僧>
・仏門:ほとんどの人が入れていると思うが、是生滅法と破魔降伏で攻撃参加。でも仏門の最大の存在意義は冥利・弐。連戦にはありがたくて涙が出る。

<神職>
・古神:属性装備で攻撃参加。術・物理耐性が下がる神儀招雷がオススメ。下手な術アタよりも強い。
    古神も戦闘終了後気合自動回復があるため、連戦には心強い。

・雅楽:属性装備で神無の風。天授での気合回復も重要な役目。

※属性装備で攻撃するときは、潜在能力の「修羅」が全て振られていることが条件。

<薬師>
・医術:属性装備で薬効激化・弐を使い、丹投げで攻撃。攻撃メインにしようとすると丹があっという間になくなる
    ので要注意。最上位の劇薬丹が一番ダメージが出るが、普通の劇薬丹でもそこそこのダメージは出る。
    もちろん回復技能も入れておく。
    余裕があれば硝薬散布も。

・修験:基本、医術の項目と同じだが、裏鬼門or蛇紋孔・弐を、余裕があったら入れておくといい。

・神通:属性装備で雷神衰滅で攻撃参加。薬師特化の中で一番攻撃力に優れる。

※属性装備で攻撃するときは、潜在能力の「修羅」が全て振られていることが条件。

<歌舞伎>
・能楽:腕力装備で、双光刃で殴る。
    歌舞伎は戦闘終了後自動気合回復があるので喜ばれます。


なお、忍者と陰陽師は全特化アタッカーとしての立ち回りが可能なためここでは書きませんでした。
スポンサーサイト
先日行われた、上杉家の所属する連合国の大決戦講習会。

ちょっと気になった発言がありました。

「話聞いたけど難しくて余計参加しづらくなっちゃった><」

という対話がいくつかあったそうです。


新章の発表で合戦の仕様が変わる(かも?)という時期なので
こんなことをやる意味があるのか疑問ではありますが、

「超わかりやすい大決戦の戦い方(のつもり)」

と題しまして、大決戦の基本的な戦い方を解説します。
基本的にはソロで参加した場合のN狩りを中心とした内容です。




1.大決戦が始まったら、川を渡って相手陣の赤ネームの雑魚を狩ります。とくに「旗本衆」と呼ばれる、
  相手の大名前のNPCがオススメです。
  基本救援が出たら入るスタイルのほうが無難ですが、自分から叩いたり絡まれたりして救援をだすのも
  全然おk!その際はなるべく私設に矢印を出して救援を出していることをアピールしましょう。

2.旗本衆が枯れたら、敵陣の赤ネームの雑魚を狩ります。そこすらも枯れたら、川のところにいる敵武将の
  赤ネームの雑魚を狩ります。(このとき黄色ネームのNPCは狩らない)

3.よくわからなくなったら、救援が出ているところに入って狩ればおk。

4.21:30を過ぎたらボーナスタイム。
  大決戦私設で「強襲武将がわきました」と流れたら、味方陣に戻ります。
  大名前に敵武将が来ているので、その赤ネーム雑魚を狩ります。

5.味方陣の赤ネーム雑魚(一般に強襲Nと呼ばれます)が枯れてきたら、1.~3.の繰り返しです。

6.ボーナスタイムは22:30と23:30の2回あるので(21時開幕の場合)、
  その時間になったら味方陣に戻って強襲Nを狩ります。
  (ただし事情により強襲武将が出撃しなくてボーナスタイムにならないことも有)

7.23時過ぎぐらいから、私設で「キープ徒党」とか「キープ徒党募集」といったログが流れるようになります。
  雑魚狩りに飽きたら、このとき徒党に参加するのもありです。
  自分で徒党を作ってもいいですが、慣れてなければ党員で入ったほうがいいです。
  私設で参加希望を宣言するか、対話を送りましょう。

8.キープ徒党に入り、武将と戦闘を始めたら、NPCを1体だけ残して23時59分まで待機します。
  暇なのが嫌な方は、残りNPCが1体になったところで徒党を抜けて雑魚狩りを続けるのもありです。むしろ推奨。

9.キープ徒党の人は23時59分くらいになったら私設で指示があるので、それに合わせて残りのNPCを倒します。

10.大決戦開始から3時間経過して大決戦終了です。お疲れ様でした^^


…とこんな感じです。
これに注意点を付け加えるとすれば、

※雑魚狩りに参加する方は、攻撃ができる装備(盾・能楽なら腕力装備、薬師なら属性装備で激効強化・弐 等々)で
 なるべく参加したほうがサクサク雑魚を倒せます。
※長期戦になるので薬・水・陰陽符・弾薬・手裏剣等の消耗品は多めに持っていきましょう。特に治身丹と万均丹は減る減る。
※武将キープもしたい人は通常のボス用装備も持参しましょう。




といったところでしょうか。

これだけ知っていれば大決戦は最低限戦えると思います。

話が難しくなるのは指揮をしたり管理したりする人からであって、普通に参戦して戦う分にはさほど難しくはありません。


…逆に、上の戦い方が成り立つには、取り付いたNの場所を報告したり大決戦場の動きを逐一私設に流したりすることが必須です。

大決戦の常連になっている方は、この点よく抑えるようにしましょう。

こんにちは、初柴清です。

この記事は、大決戦で実際に質問のあったことを中心にまとめたQ&A集です。

初級編の補完にどうぞ。

Q.大決戦場で死んだらどうなりますか?
A.3回まではスタート地点に戻り、4回目の成仏で本拠地の墓地に転送されます。これを防ぐため、
  3回死んだら一度大決戦場を出て登録し直します。


Q.門内の陣幕のところに武将が3体います。これは出撃させてもいいのでしょうか?
A.その3体は押備武将です。現在の仕様では相手に戦果を与えるだけなので出撃させないでください。

※押備武将を倒して得られる戦果は550。出撃させると無償で相手に戦果を与えることになる。

Q.大決戦の勝敗条件を教えてください。
A.大名を敗走させるか戦果差を1000以上つけると勝利。どちらも満たせなかった場合は引き分け。

Q.味方陣に武将が戻ってきたので勝利の栄誉を「1個」だけ投入するように言われた。なんで?
A.味方武将に栄誉を1個でも投入しておくと、再出撃時に戦果が400入る仕組みになっています。
  投入しすぎるとそれだけ再出撃が早くなってしまうので、1個だけの投入をお願いしています。

※勝利の栄誉は1個投入につき出撃時間が1分早まる。

Q.再出撃してきた敵の前備武将は倒していいの?
A.倒さないでください。倒して戦果を得たとしても、↑のQ&Aで説明した通り再出撃のときに戦果が相手に
  入ってしまうため、総合的な戦果は±0となります。
  それならば、前備武将をやる代わりにN狩りしたほうが戦果が稼げるという考えです。

Q.大決戦直前に前備武将を落とすのはどうして?
A.相手の再出撃ボーナスを出させることなく、前備武将を倒した戦果を獲得するためです。
  前述のとおり、前備武将を倒しても再出撃で戦果を稼がれてしまいます。しかし、終了直前に落としてしまえ ば、相手は再出撃できないため、武将を落とした戦果のみが味方に入ることになります。

※具体的には、前備武将は倒されると30秒で自陣にわき待機状態となる。このため、大決戦終了30秒前に前備武将を落としてしまえば、相手は勝利の栄誉を使った再出撃をすることができず、落とした側のみ戦果を獲得できる。

Q.前備武将で黄色Nを2体やって取りつこうと思ったら、Nをやっている最中に他の徒党につかれてしまった。どうして?
A.武将同士の激突でもともと戦意が減っていたためと思われます。余裕がある時は、Nを開始する前に戦意の確認をするようにしましょう。

こんにちは。初柴清です。

今回は初級者向けの大決戦講座となります。

ここでいう初級者とは、

・大決戦に参加しているが、どう動いていいか分からない。
・合戦私設の会話の内容がよくわからない。

という方を想定しています。

前回の入門者編で、大決戦には4つの役割があると書きました。

今回はその役割に沿って解説をしていきたいと思います。

それでは、講義を始めます。

◆共通
何をするにせよ、武将の位置が分からない…。というのはまずいので武将の位置を覚えましょう。

基本は以下の通り。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆    

  ★  ★  ★      

   ○   ○ 
     ●           
   ○   ○        


☆前備武将(6武将):★本備武将(3武将):○四天王・軍師(4武将):●大名(1武将)

前備武将は自陣や敵陣に移動したりといろいろ動きまわります。
開幕は必ず前進して川のあたりで止まるため、通称川武将とも言われています。
また、前備武将は敗走しても最長30分(勝利の栄誉で短縮可能)で出撃するのも特徴です。

本備武将は、突進してくる前備武将を受け止めるような武将です。

この本備武将を落とすと大名の戦意が減り、四天王が7体から5体に弱体します。

このため武将徒党は本備武将を落とすのが最初のミッションで、防衛は本備武将を武将徒党から守るのが
開幕後当面の課題となります。

四天王・軍師は大名を囲むように配置されています。

四天王を倒すと大名が弱体する(四天王を1武将倒すごとに1体減少。5体まで弱体可能)ので、

大名落としを狙う場合武将徒党は最速で四天王を落とすことが求められます。
※武将強化により、大名落としはほぼ不可能となってます(2012年12月現在)

大名は大決戦のボス的な存在で、敗走するとその大決戦は負けとなります。

これらの武将以外にも強襲武将というのがあります。

強襲武将は四天王のうち1体がランダムで選ばれ、開幕後30分後、1時間30分後、2時間30分後に沸き、

味方の大名のところまで必ず突撃してくるという特徴があります。

強襲武将は放置していると沸き時間から30分で消滅してしまうため、武将徒党はそれまでに強襲武将を倒して

戦果を稼ぐ必要があります。


また、実際に大決戦場を移動しているとどこに何があるのか分からなくなることがあります。

そうならないように、開幕前に自陣の配置を見ておくことをお勧めします。

敵陣も自陣とまったく同じ構成なので、あらかじめ徒党の取りつきコースの確認や、N狩りの位置の確認に

利用するといいと思います。

<まとめ>
・武将配置と武将の特徴を覚えよう。
・敵陣の様子が分からなかったら自陣の武将配置を参考にしよう。

◆N狩りの基本
N狩りの目的は戦果の獲得ですから、なるべく戦果の高いNを狩るのが望ましいです。

大決戦のNの戦果は下記の通り。

前備 15(黄)/12(赤)
本備 45(黄)/40(赤)
強襲 45(黄)/40(赤)
大名  -   /55(赤) ←このNは「旗本衆」という名前。全国共通。

このように、N狩りの獲得戦果は、大名>本備・強襲>前備の順に高いことがわかります。

前備武将は開幕川のあたりでぶつかっている武将ですが、それのNを狩るよりも、敵本陣にいる

本備武将や大名のNを狩ったほうがいいということです。

敵本陣にいくのは勇気がいりますが、大抵の場合合戦私設で「○○でNやってます」とアナウンスがあるはず
なので、それにしたがっていくといいでしょう。

ちなみにNにもレベルがあります。

前備の赤ネームNであればLV45です。

戦果の高いNをたたきたければ、それよりもレベルの高いNをたたけばおkです。

<まとめ>
・N狩りは戦果獲得が目的。なるべく戦果の高いNを狩ろう
・レベルの高いNほど、戦果も高い。

◆防衛の基本
相手の戦い方にもよりますが、基本は味方本陣に来る徒党の足止めです。

陣取り戦と違って徒党は100%徒歩です。神職がいれば消えてくるので霊視・目薬は必須です。

また、こちらも徒歩なので飛脚応用と行進曲系は常にかけておくようにしましょう。

行進曲系の技能がない職であればアイテムの神足薬・改の使用がお勧めです。

敵徒党をたたいたら、合戦私設に止めた場所を流しましょう。また、徒党を解放するときも知らせましょう。

よく合戦私設で「引き継ぎをお願いします」というログが流れます。
これは、「武将徒党を解放するので誰か叩いてください」という意味です。
このログが流れたらその場所に急行するようにしましょう。

<まとめ>
・徒党は隠れてくるものと思え。霊視・目薬は必須。飛脚応用を実装し行進曲もかけておくこと。
・徒党を止めた時、徒党を解放するときは私設に情報を流すこと。声を出していくこと。

◆対人の基本
ここでは徒党内の立ち回りではなく、大決戦場における動きについて説明します。

対人徒党は基本味方陣内で動くようにしてください。

これは、敵陣へ行くとソロ粘着にあい、敵武将徒党の処理をしているどころではなくなるためです。

対人は味方陣内に来た敵の処理が第1優先になるので、あまり深追いはしないことです。
※これも人によっては敵陣へ行きプレッシャーをかけた方がいいという意見もあり。

また、対人で勝つと「勝利の栄誉」というアイテムがドロップします。

これは別途解説する、武将の再出撃のときに必要になるアイテムです。確実にゲットするようにしてください。

<まとめ>
・対人徒党は基本味方陣内で行動する。
・勝利の栄誉は武将の再出撃時に使用するので取っておく。

◆武将徒党の基本
①方針の確認
武将徒党はまず全体の作戦方針を確認しましょう。

N狩り戦法と大名落とし戦法では動きが違ってきます。

他にも各国でそれぞれルールがあるので、それらに従って行動しましょう。

大抵の場合は合戦私設で説明があるので、それを参考にして動いてください。

②戦意というパラメータを知る
武将は四天王・軍師と強襲武将のみすぐに取りつき可能で、その他の武将はすぐには取りつきはできません。

前備武将と本備武将、大名には戦意というパラメータがあり、戦意が半分になると取りつき可能、
戦意が0になると敗走となります。

戦意は武将をタゲると名前の下にメーターが表示されるのでそこで確認できます。

③取りつき可能になるプロセスを知る
戦意のある武将は、戦意を半分以下にしないと取りつけません。

戦意を半分にする方法は主に2つ。

(1)武将同士がぶつかると戦意が次第に減っていくので、半分になるまで待つ。
(2)その武将に対応したNや武将を落とすことで戦意を落とす。

(2)の武将の戦意低下は、以下のような対応関係にあります。

前備武将:その武将を守っている黄色Nを倒すと戦意が低下する。(1体25%、2体で50%低下)
本備武将:その武将に対応する前備武将を倒すと戦意が低下する。(1体25%、2体で50%低下)
大  名:本備武将を倒すと戦意が低下する。(1体25%、2体で50%低下)

前備武将でよく、黄色Nを2体倒さないと取りつけない、と言われるのはこのためです。

④基本的な全体の動きを知る
いままでの解説から、武将徒党の一連の動きをまとめると以下のようになります。

(※1 川武将の黄色Nを2体倒す → 前備武将をたおす →) 敵本備の黄色Nを2体倒す →

本備武将をたおす → 四天王を倒す →(※2 大名を倒す)or(※3 終了30分くらい前に前備武将に

とりつき、大決戦終了直前に落とす)

※1 速攻で大名落としを狙う場合
※2 大名落としを狙う場合
※3 N狩り戦法の場合

以上のことからどの戦法においても前備武将は基本的に1回しかやらないことがわかります。

それ以外の時間はN狩りが中心となります。


※2012年12月現在、武将徒党の動きはより一層N狩りに特化しています。
開幕は徒党をバラしてソロか少数徒党でN狩り→22:30前に徒党を再編し、本備と四天王を倒す。
→武将キープ、というのが大まかな流れです。
また、戦意の関係から、途中で前備武将に取り付いて落とすこともあります。

<まとめ>
・まず大決戦の基本方針を確認すること。
・戦意が落ちる仕組みを知ること。基本は、前備武将は黄色N2体を落としてから。本備武将は対応する前備武将
 を2体落としてから。大名は本備武将を2体落としてから(ただし本備武将を落としただけでは7体)。
・武将徒党は基本本備・四天王・大名を落とす。N狩り戦法であれば終了30分前くらいに取りついて終了直前に落とす。
この記事は大決戦入門者用の大決戦講座です。

大決戦に行ったことがない人、大決戦に行ったけど何やっていいのかよくわからない人向けの記事となります。

それでは講義を始めます。

◆なぜ大決戦は大切なのか?
金・日になると、陣取り戦でも「大決戦の私設は○○です!」とか「大決戦人数が足りませんので参戦を
お願いします!」とか、私設会話や大声で一部の人がギャーギャーわめいていると思います。
(私もその一部の人ですが…)

なぜこんなに必死になるのか。その理由は、

大決戦に勝つと陣取り戦の獲得戦果が増えるから。

です。

金曜大決戦に勝つと獲得戦果1.2倍のボーナスが、日曜大決戦に勝つと獲得戦果1.3倍のボーナスが
つきます。金曜と日曜両方に勝てば合わせて1.5倍のボーナスです。

これはつまり、Nや武将を倒すと獲得する戦果が1.5倍になるということです。

したがって劣勢の勢力であっても、大決戦で勝つことで総合戦果を逆転することが十分に可能になります。

大決戦の結果次第でその週の勝敗が分かれるため、みなさん必死なわけです。

ちなみに、大決戦のボーナスは戦果だけでなく恩賞奉行の検分の獲得値もアップします。

つまり、大決戦に勝つと検分もたまりやすくなるということです。

<まとめ>
・大決戦が大切なのはその週の総合戦果に影響するから。
・大決戦に勝つことによって検分の獲得値も上がり、ポイントがためやすくなる。

◆大決戦での役割
大決戦ではいくつかの役割があります。
慣れないうちは一通りやってみるといいかもしれません。

①N狩り
おそらく大決戦で最も人数が多く一番参加しやすいのがこのN狩りです。

基本は敵の本陣にいる赤ネームのN、とくに「旗本衆」という名前のNは獲得戦果が高いので、N狩りでは
よく狙います。

N狩りは通常、少数徒党かもしくはソロ救援で狩っていきます。
これは、大決戦は100人制限のため少人数徒党でN狩りをしたほうが効率がいいから、そして少人数もしくは
ソロでやると敵の妨害が受けにくくなるからです。

N狩りはソロでも参加できるので比較的やりやすい役割です。
また、3時間N狩りを続ければ、検分も十分にたまります。これもN狩りのメリットの一つです。


②防衛
防衛は主に味方陣へやってくる敵の徒党の足止めをします。

基本的なやり方は陣取り戦の防衛とさほど変わりません。
防衛の腕に覚えのある方はどんどんチャレンジしましょう。

また、防衛が苦手という人でも、止まった徒党がフリーになった時、足止めとして徒党をたたくことで
十分貢献ができます。

防衛はN狩りと比べて報酬がほぼないですが、勝利に直結する大切な役割です。

大決戦の勝利に貢献したい人向きと言えます。


※2012年12月現在、防衛よりもN狩りの方が重きを置くようになっています。
ある程度の段階で防衛はした方がいいとは思うのですが、その配分が自分の中でつかめていません。
他の国でやっているところはあるかもしれませんが…。

③対人
対人は相手プレイヤーを倒す役割です。

味方陣にはN狩りや武将狙いでたくさんの敵プレイヤーがきます。

それらを倒して敵の動きを妨害するのが対人の役割です。

対人には武将徒党を倒す対人徒党がメインですが、ソロ対人や、少数徒党を倒す用の対人徒党も大事です。

対人は大体の国においても不足する傾向にあるので、できる方は重宝されます。

腕に覚えのある方、また「なにがなんでも敵をボッコボコにしてやりたい」と殺る気のある方は
挑戦してみましょう。

④武将徒党
武将徒党の定義もその時の大決戦で変わってきますが、最新の武将徒党の定義は「敵の四天王及び大名を倒す徒党」
となり、以前と比べてかなりハードルが高くなってきています。

大体が固定徒党で、なかなか武将徒党に入ったり作る機会がないのが現状ですが、それでも募集はあるので
機会があれば徒党に入ってみるといいでしょう。

個人的には、新星の章ダンジョンで一通りボスをやったことがあればいけると思います。

最近の大決戦は「大名落とし」が主流になりつつあるので武将徒党は欠かせません。
※武将強化により、現在大名落としを狙う国は皆無に等しいです。

また戦果稼ぎにおいても敵の本備武将と四天王を倒す必要があるので武将徒党は常時必要となります。

<まとめ>
・大決戦の役割には大きく分けて、N狩り・防衛・対人・武将徒党がある。
・どの役割も大決戦に勝つ上では必要不可欠である。

◆おわりに
大決戦は独特の仕様のため、なにをやっていいのか、どう動いていいのか分からない方が結構多いと思います。

確かに大決戦を極めようとするとそれなりの努力が必要となりますが、
普通に参加している分にはさほど難しくはありません

合戦私設から流れてくる情報を参考にしながら動いてみるといいでしょう。

分からないことがあれば合戦私設で聞いたり、戦闘のあいまに雑談っぽく聞くのもありです。

色々やってみて、大決戦がどんなものなのか感じていただけると幸いです。



<編集後記>

こんにちは、初柴清です。

しばらく更新が止まってました。

これも天下分け目あたりで完全燃焼してしまったのと、鯖統合後のごたごたで忙殺されたこと、

そして仕事が忙しくなり更新している場合じゃなくなったのが原因です。

しばらくブログを書く予定はなかったのですが、先日とある方から「ブログ見てますよ^^」と
対話をいただいたのが転機になりました。

その方曰く、「大決戦のことも書いてほしい」とのこと。

あれ?大決戦は事あるごとに色々書いてたはず、と思ったんですが、このブログではほとんど書いて
なかったんですね^^;

最近になって大決戦について聞かれることも多くなり、ここらで大決戦用の記事でも書きなおすかなと
思ってた矢先の一言でした。

そういった事情で、大決戦用の記事を新たに書き直すことにしたわけです。

今回の記事は大決戦の仕様よりも、「戦うために」「勝つために」どういう動きをすればいいかについて、

さまざまな「段階」の方の立場や目線に立って書くことを重視していきたいと思っています。

どこまで続くか分かりませんが、今大決戦の最前線で頑張っている方の一助になればいいなとおもいつつ

書いていこうと思います。


期待せずに待て!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。