上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.11.10 ビッグ3構想
こんばんは。初柴清です。その3。

すみません。今日は思うところが多いので3本目の記事を書いちゃいます。

前回の記事で、現在の国勢に対するもやっとした疑問?があるのは、記事を読んだ方には伝わったかと思います。

現在の紺碧鯖の国勢は、足利家を中心としたG7と、滅亡中の今川家を除いたその他のG6という連合が
存在します。

私の見立てでは、それぞれの連合とも自分の所属国の支援を最優先事項に掲げているような感があります。

G6では実際にそのような話をしていますし、G7の侵攻方針を考察すると、同じような考え方で
動いているのが推察できます。

自分の所属する連合国の支援はとても大切だと思いますが、行き過ぎるといろいろと問題が発生します。

・相手の手を読み相手の侵攻に合わせて献策をするようになるため、献策勝負・スパイ合戦・票操作等の
 不毛な争いが勃発する。
・支援を最優先に考えるあまり、不必要な分断合戦、一方的な戦力の偏りのある合戦が発生しやすくなり、
 結果として合戦が面白くなくなる。
・合戦が面白くなくなる結果、人が離れて全体的に合戦人口が減り、ますます合戦が面白くなくなる。
・結果の見えた合戦が増えると、自己中的な人が増えいろいろな軋轢が増え、固定徒党やソロの
 スペシャリストが減り、合戦私設に活気がなくなる。
・どうでもいい裏の読み合いが増え、議長団に負担が増える。
・また、議長団のみで決めなければならない事項が増え、結果的に議長団の独断専行と取られることが多くなり
 議長団と一般ピープルの間でもめごとが増え、結果として国が衰退する。

ちょっと考えただけでもこれだけの悪い点が発生すると思います。

鯖全体で合戦が勃発している先週までは、均衡のとれた面白い合戦が各地で起こりこのような問題は発生
していない感じでしたが、

今週の斎藤家の侵攻で、ちょっと怪しくなってきた感じがあります。

そこで、これらの問題を解消するいい方法はないかなと妄想レベルで思いついたのが、「ビッグ3構想」です。

まず、現状の同盟関係の枠組みを全部取っ払います。

つぎに、比較的戦力の整っている6カ国で、2チームになるように同盟を組みます。

そして、このチーム間で合戦を行うようにします。

つまりこの2チーム間で行う合戦は常時3vs3になるわけです。

この2チームのことを「ビッグ3」と呼ぶことにします。

一方ビッグ3以外の国は、その国同士で自由に同盟や合戦ができるようにします。

どの国と同盟を結ぶか、合戦をするか、それともユートピア宣言をするかは、各国の裁量に任されます。

それぞれの国がそれぞれ好きなスタイルを確立できるようにするわけです。

また、ビッグ3とその他の国の間は不可侵条約を結びます。

これで分断ができないようにするわけです。

こうすることでビッグ3同士は熱い合戦を、ほかの国はそれぞれのプレイスタイルに合った戦国ライフを
楽しめるようになるというわけです。

このビッグ3構想は、先にあげた問題点を解決します。

・ビッグ3同士の対決となるため合戦周期が固定化する。したがって、献策勝負・スパイ合戦・票操作等の
 不毛な争いをしなくてもよくなる。
・分断合戦がなくなり、定期的にそれなりの規模の合戦が勃発する。
・合戦が好きな人はビック3の国に移籍するため、ある程度の人口が集まり合戦に活気が出てくる。
・合戦内容が充実すればおのずと勝利を目指す合戦になり、いろんな種類のプレイヤーが活躍できる場になる。
・どうでもいい裏の読み合いがなくなり、議長団の負担が減る。
・国勢の図式がシンプルになるため、議長団の運営がしやすくなり、国内部でのもめごとが減る。

…まぁうまくいったらの話ですが(苦笑)
自分の読みが甘いところもありますし、ビッグ3構想が長引けばその弊害も出てくるとは思います。

でも、今のどん詰まりの国勢よりも、ビッグ3構想のような枠組みを作ったほうがまだましなのかなと思います。

この案が100%いいとは思いませんが、過去の恩讐や歴史は水に流して、一度国勢をリセットするのも
いいんじゃないかって思います。

信onというゲーム自体末期だともいわれていますが、プレイヤーの工夫次第ではまだまだ面白くなるんじゃないでしょうか。

スポンサーサイト
こんばんは。初柴清です。その2。

もうちょっと思うことを書かせてください。

ちょっと辛辣なことを書きます。的外れだったらごめんなさい。

ヘタレな性格なので先に謝っておきます(--;)

さてついこの前、紺碧鯖でいわゆるG6とG5の停戦が破られたわけですが、

そもそもこの停戦破棄、誰が望んだことなんでしょうかね?

答えを言いますと「みんな」なんですけどね。

停戦協定のおかげで合戦数が少なくなり、合戦をしたいという願望が各国のプレイヤーに渦巻いていたのは
間違いないと思います。

私自身、そういう風潮を感じていたので、停戦協定が長く続くとは思っていませんでした。

これ自体は問題ではないと思います。むしろ自然の流れです。

でも、

私の得た情報と、5側内の対話・6側との交渉を通じて得た感触からすると、

まず5側は停戦解除を望んでいませんでした。

どーみても6側と比べて戦力差がありますしね。合戦したいという気持ちはあったにせよ、停戦解除したい
とは思う人はいなかったように感じます。

一方の6側は、

連合の中心であったA国と、T国の攻防戦の最前線にいたS国は、
停戦解除を望んでいるようには見えませんでした。

これも何となく理由はわかります。

それじゃあ停戦解除を強く求めていた国ってどこだったんでしょうかね。

いくつか噂は聞いていますし憶測も立ちます。

ただあくまで確証はないのでここでは具体的にどの国が、とは言えません。

まぁそれがわかったとしても、停戦解除したいと思うこと自体は責められないですけどね。

でもちょっと思ってしまうんです。

戦闘の最前線に立ってない国が開戦したいって強く言うのっておかしくね?と。

自国が滅ぶリスクがないのに鯖全体で戦争起こそうぜって、

最前線の国からしたらやっぱたまらないですよね。


6側からの停戦解除(正確には6側からの宣戦布告)から始まった今回の騒動。

私としては戦力が均衡している国同士でやるべきだと思っているんですよ。

実際先週まで起こっていた合戦は、なかなか白熱したものでした。

合戦面白いね~という声も聞いています。

みんな面白い合戦がしたかったから開戦に踏み切ったんですよね?

まさか検分が稼ぎたいから、じゃないですよね?

一方的な展開の合戦なんてつまらないじゃないですか。

今回鯖全体で合戦が起こっているのは、元々合戦がしたいという人たちのニーズが集まった結果ですから、

発生する合戦は均衡したものであるべきなんだと私は考えるんです。

そんな中起こった今回の斎藤家vs朝倉家。

あまりにも露骨な勝ち馬合戦じゃないでしょうかね。

実際は思ったよりも均衡した合戦になりそうな気配はありますが。

う~ん、どうなんでしょうかね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。